アレンジメントフラワーのデザインについて

アレンジメントフラワーのデザインについて

アレンジメントフラワーのデザインには、いくつか種類がありますので、こちらでご紹介させていただきます。                    

ラウンド

 ドームとも呼ばれるように、半球型をしています。最も基本的なデザインです。ほとんどの方が最初のレッスンで学ぶことになると思います。花がひとかたまりとなるため、色使いがポイントとなってきます。                    

トライアンレギュラー

 シンメトリカルアレンジメントとも呼ばれます。名称通り三角形のデザインとなっており、左右対称になるように花を挿していきます。3つの頂点をいかにして取るかがポイントとなってきます。                    

ホリゾンタル

水平に広がり、上から見ると楕円やひし形のアレンジとなっています。アメリカでは棺を飾るときにも用いられる一般的なデザインです。中央は大きな花を飾って盛り上げ、端に行くに従って小さな花を使い、少なくしていきます。                    

バーティカル

縦に長いのが特徴のデザインです。横幅をあまり出さないのがコツで、余分な枝葉も取り除きます。重い印象を与えないよう、先端は蕾や小花を使用します。                    

エルシェイプ

アルファベットの「L」の形になるように花を挿していきます。縦・横は2:1が目安です。硬い印象を与えるデザインのため、フォーマルな場所に飾るのにピッタリです。                    

ホガース

こちらはアルファベットの「S」字型になるように花を挿していきます。イギリスの画家William Hogarthのサインの形から名付けられたと言われています。左上から右下へ、自然に流れるように挿していきます。                    

オーヴァル

広い空間に大変映えるデザインです。たくさんの花材を使用し、楕円形に挿していきます。花の種類が多ければ多いほど華やかに演出できます。新装開店のお花にピッタリです。                    

京都にてアレンジメントフラワーを体験したい方は、Perleの教室に参加しませんか。材料もすべてご準備しますので、安心してご参加ください。分からないことや疑問点はお気軽にお電話やメールにて問い合わせください。                    

 

サロン教室と会社場所の住所が10月29日より京都市の中心部である「田の字地区」に移転となります。

京都市中京区高倉通三条下る丸屋町171番地 アクセスに便利な場所です。     

 「最寄駅」      京都市営地下鉄東西線・京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅徒歩5分      京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩6分     

阪急電鉄京都本線 「烏丸」駅徒歩6分

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0