アーティフィシャルフラワーについて

アーティフィシャルフラワーについて

花を永遠に楽しみたいという想いで造られた花は、紀元前2,000年前まで遡るといわれています。造花はやがてシルクフラワーやアーティフィシャルフラワーに発展しました。ここでアーティフィシャルフラワーについてご説明いたします。                    

アーティフィシャルフラワーとは

アーティフィシャルフラワーを直訳すると、人為的なお花という意味になります。高級感あふれる新しい造花を指します。造花の歴史は古く、18世紀のフランスで、中国から入ってきた絹を元にして作った造花がルーツとなっています。シルクフラワーはフランスで大流行し、アメリカに渡って初代アメリカ大統領の就任式にも使用されました。商業の国アメリカでは改良が重ねられ、つばの広い帽子が流行すると、さらに需要が高まりました。                    

そこで手作業から機械化された造花が作られるようになり、絹の代わりにポリエステルを使用することで大幅なコスト削減が可能となり、一般庶民にも広く親しまれるようになったのです。      

しかしシルクフラワーのような美しさは無く、ぱっと見ただけで造花と分かるレベルでした。そこで造花のイメージを変えようと、名称をアーティフィシャルフラワーに変えました。今では絹を含めた様々な布を使用し、生花のようなリアルな質感と高級感を楽しむことができます。                    

アーティフィシャルフラワーの特徴

人工的な花なので耐久性に優れ、劣化しません。お手入れをする必要も無く、何度でも利用することが可能です。また花材の種類も豊富なためアレンジが容易です。さらに太陽や蛍光灯の光に当たると部屋の空気をキレイにする、光触媒アーティフィシャルフラワーという珍しいものもあります。                    

ウェディングブーケやインテリア用品、デコレーションパーツにも多く用いられています。定期的にほこりを取り除けば、花粉症やアレルギーをお持ちの方でも半永久的に楽しむことができるのも、アーティフィシャルフラワーの大きな特徴です。                    

アーティフィシャルフラワーの素材

薄絹を多用し、サテン、ジョーゼット、木綿、本革、オーガンジー、ポプリン、シール、ビロードなども使用します。またフラワー染料、油年粘土、フラワー専用テープやワイヤー、ボンドなどの接着剤、ポリエステル、発泡スチロール、コテやコテ用具なども使います。日本全国にアーティフィシャルフラワー教室が存在し、様々なアーティフィシャルフラワーが造られています。                    

京都にあるPerleはアーティフィシャルフラワーの商品を、通販サイトで販売しています。 インテリアやウェディングブーケに是非ご利用ください。                    

 

サロン教室と会社場所の住所が10月29日より京都市の中心部である「田の字地区」に移転となります。

京都市中京区高倉通三条下る丸屋町171番地 アクセスに便利な場所です。

「最寄駅」 京都市営地下鉄東西線・京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅徒歩5分 京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅徒歩6分 阪急電鉄京都本線 「烏丸」駅徒歩6分

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0